妊娠中の膝の痛み

「妊娠前は膝の痛みはなかったのになぜ?」
「妊娠と何か関係あるの?」と不安に思ったり、膝の症状があるとつらいですよね。

膝が痛くなる原因は?

妊娠中に膝の痛みが出てしまう原因は大きく分けて2つ。

お腹が大きくなると骨盤が前に傾く

妊娠中の一番の特徴は、お腹が大きくなることです。
お腹が大きくなると、重心が普段よりもかなり前の方に移動することになります。

お腹が大きくなり、重心が前になると、骨盤が前に倒れやすくなります。

重心が前になるので、膝への負担も大きくなり、痛みが出ます。

内臓下垂により骨盤が前に傾くこと

  • カラダが冷えている
  • 甘いものの食べすぎ
  • 内臓に負担をかけている
  • 血液の渋滞(瘀血)が多い

という、カラダの内面が原因で、内臓が疲れてしまい、垂れ下がり骨盤の傾きが顕著に大きくなります。

お腹が大きくないのに膝が痛いという方は、内臓下垂が原因である可能性は高いです。

内臓下垂の状態でいると、おなかの赤ちゃんを支えるために、骨盤周りの筋肉は普段の何倍にも伸ばされてしまいます。

その中でも伸ばされながら赤ちゃんを支えている「腸腰筋」という筋肉があります。

この「腸腰筋」という筋肉が伸びっぱなしになっていると、足の前面の筋肉、特に膝を覆っている筋肉がカラダを倒れないようにブレーキをかけたままになります。

全体重が足の前面の筋肉だけにかかるようになるので、膝に大きな負担をかけてしまいます。
この状態が長く続くと、筋肉だけでなく膝関節そのものを傷つけるようになります。

まずは腸腰筋が伸ばされ過ぎないように、骨盤を起こさせ内臓を元気にして内臓を引き上げなる必要があります。

すると、ブレーキをかけるために収縮していた膝周りの筋肉はは自然と緩んできます。

一般的な整形や整骨院の対処法

  • 痛み止めの服用
  • 湿布を貼る
  • 局所に注射を打つ
  • マッサージや電気治療をする
  • ストレッチや筋トレをする

一般的な対処法としては、痛み止めや外用薬や局所に注射を行うこともあります。運動器具でリハビリを行ったり、マッサージや電気治療する方法もとられます。一般的にはこのような対処法ですが、実際にはなかなかよくならない人が多いです。

当院での対処法

内臓下垂になっている方は横の腹筋(腹斜筋、腹横筋)、鼡径部(足の付け根)を押されると痛みや不快感、硬さがあります。ここから改善を図ります。

膝の痛みをますます悪くさせてしまうのが口呼吸です。口呼吸をすると、ウイルスや細菌を吸ってしまい、各関節に住み着いてしまうと強い痛みを伴うようになります。

こうなると改善まで時間がかかってしまいます。膝に痛みのある方には、口呼吸に対する鍼灸も行います。

内臓下垂、膝の痛みだけでなく、たくさんの症状を引き起こす原因になっています。

・肩こり
・腰痛
・冷え症
・足底筋膜炎
・つわり
・坐骨神経痛

内臓下垂が良くなると膝の痛みだけでなく、これらの症状も軽減され、出産にむけてのカラダづくりにもなるんです。
そして、骨盤周りの筋肉が柔軟であればあるほど、お産は短時間で安全になります。

妊娠中の膝痛を改善したい方は、ぜひ一度当院までお越しください。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

膝の痛みは2回でなくなった

アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは?

妊娠中の膝痛(初の膝痛であせって受けました)
腰痛・冷え

Q施術前と比べていかがでしたか?

・膝痛は2回の施術でなくなった
施術後は体がポカポカ。冷え対策は地道に続けたい

横浜 港北区 大倉山 M・Yさん 女性 30代 会社員 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

膝に水がたまり痛みがあったが2回でよくなりました

アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは

ひざの痛み(水が溜まっていた)
以前、同様の状態で治していただきました。

Q施術前と比べていかがでしたか?

2回、1週間でほぼ支障なく日常生活を送れるうになりました。
原因が体質的なものにあるとのことで、治療後は常にあった背中の張りなども軽くなりました。

Q同じ悩みの方へメッセージ

自分の体の痛みや具合の良し悪しは客観的な判断ができないので、こんなものだと過ごしてしまっています。
指摘されて初めてわかることが沢山あるので、思い込みにとらわれず、素直に受け入れると体調の変化を実感できると思います。

横浜 神奈川区 M.Wさん 50代 女性 主婦 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

膝の痛みが改善して、手術しなくて済みました

アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは

以前腰痛で何か所も整形外科や整体に通い、全く良くならず悩んでいました。友人から佐々木先生を紹介されたのがきっかけです。
そして今回ひざの半月板損傷で手術と言われてしまいました

Q 施術前と比べていかがでしたか?

初めての施術で腰は全く痛くなくベットからすぅっと立ち上がれたのです。そして今回の半月板は注射を6回打っても全く効果なく、手術しかないと言われた時「苦しい時の佐々木たのみ!」少しずつ良くなり今では小走りが出来るようになりました寝てても痛くて身の置きどころがないほど痛かったのに、本当に感謝です!

Q同じ悩みの方へメッセージ

「手術しなくて良かったぁ」「佐々木先生を知ってて良かった!」半月板や腰痛でお悩みの方あきらめずに佐々木先生を頼ってみてください。一生懸命身体の状態をみて施術してくださいます。

横浜 港北区 妙蓮寺 Tomoko.Iさん 50代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

当院の鍼灸は、今つらい症状部分はもちろんカラダまるごと根本解決の施術です。

おなかの固さや脈を触り、カラダのどこが弱ってるか調べ、全身のツボを使い、鍼と灸を組み合わせた本格的な施術になります。施術は受けたいけど、くすぐったがり、刺激に過敏、マッサージが苦手な方にもおススメです。

一般的に鍼は注射のイメージがあり、刺す、怖い、痛いというイメージがありますが、刺さない鍼という不思議な鍼があり、正確にツボを刺激すると効果はあります。刺すよりも押す、こするというイメージです

 

また、鍼を刺せる方には、髪の毛程度の細さのものを使っていますので、あなたが思っている以上に痛くないものです。髪の毛が0.1ミリに対して当院のはりは0.12ミリの ものです。患部をむやみやたらと鍼をうっていると逆に痛みが出たり、だるくなることがあります。

カラダの痛みを感じている場所に触らなくても、手足などのツボを使い、症状をよくしていきます。お一人お一人の症状は違います。さらに同じ人でも昨日と今日のカラダの状態は違ってきます。その日、その時のカラダに対してベストなツボを選び、症状を改善していきます。ご来院をお待ちしております。
スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木昇

『お腹が大きくなるのに膝が痛いとますますに不安になる』
『体重制限で歩かなくてはいけないのに膝が痛くて歩けない』
『膝を気にせず生活したい』
と考えているあなたへ。

膝に痛みがあるおかげで思い通り動けない、出産にむけて悪影響が出ているとつらいですね。回復する力があれば寝ればよくなります。

寝てもよくならないということはカラダのどこかに回復を邪魔する原因があるからです。

人により体格や体質、生活習慣、カラダの使い方が違うように原因も人それぞれ違います。

本当の原因は膝以外にある事がほとんどです。

本当の原因を改善することで膝の痛みを根本的に改善していきます。

スタイル鍼灸整骨院ではあなたの膝ぼ痛みが改善し、「安産」に向けて全力でサポートします。

あなたのご来院を心よりおまちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加