逆流性食道炎

そもそも逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃で分泌された胃酸や食物が食道に逆流して、食道の粘膜を傷つけることにより

  • 食道のただれや潰瘍
  • 胸やけ
  • 胸の痛み

などの症状が現れる疾患です。

主な原因は

  • 食の欧米化、肥満
  • ストレス
  • 暴飲暴食、過度なアルコール摂取

です。これにより、胃と食道のつなぎ目にあるしぼりのはたらきをする筋肉を緩ませてしまい、胃酸や胃の内容物が食道に流れやすくなります。つまりは、このつなぎ目にあるしぼりのはたらきをする筋肉(括約筋)にダメージを与えると、逆流性食道炎になりやすいということです。

一般的な病院での対処法

一般的な対処法としては、症状が軽い初期の段階には、痛み止めを服用したり、胃酸を抑える薬が処方されるようです。

当院の考える逆流性食道炎の原因は?

原因は2つあります。

1つ目は、胃と食道のつなぎ目にあるしぼりのはたらきをする筋肉(括約筋)にダメージを与えることです。

欧米食を控える、暴飲暴食をしない、アルコールを控える、など生活習慣を変えていくことが大切です。しかし、これだけではなかなか改善されません。

その場合、普段の生活の中で間接的に括約筋にダメージを与えている可能性があります。

2つ目は口呼吸と甘いものの食べ過ぎです。

・口呼吸 (口呼吸により、空気中のウイルスや細菌が食道の患部で繁殖する)

・糖分のとりすぎ (括約筋という筋肉なので、糖分を多く摂るとこの括約筋のはたらきが鈍くなります)

ということも考えられます。これらも一例に過ぎないので、様々な角度から原因を探します。

当院での対処法は?

逆流性食道炎は根本の原因にアプローチすることで改善していきます

当院では、なかなかよくならない逆流性食道炎の本当の原因をみつけ改善に導きます。

原因となっている口呼吸と甘いものの取りすぎに対して

・口呼吸により、弱った扁桃腺を強くさせる

・弱った筋肉を回復させる

といった治療をすることであなたの不調を改善させていきます。

鍼灸をすることで、よく寝れ回復力がつき調子がよくなる効果もあります。

逆流性食道炎の方は、ぜひ一度当院までお越しください。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

逆流性食道炎に季節の変わり目の不調や足裏の痛み、前立腺と膀胱のトラブルの原因を治療してくれます

アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは?

逆流性食道炎 前立腺と膀胱のトラブル 季節の変わり目の不調 足裏の痛み

Q施術前とくらべるといかがですか?

ハリに対する不安がありましたが、痛くなく、気持ちよくなりました。こちらから痛みの状態を言わなくても自分が気づいていない原因を治療してくれます。

Q同じ悩みの方へ

話しやすく安心感がある先生です。ハリが怖いと思っている方にはおすすめです。

横浜市 港北区 大倉