パニック障害

そもそもパニック障害とは?

パニック障害のはっきりとした原因は不明でわかっていません。

一般的にはカラダに不調が出る原因がはっきりしていない症状を指すようです。

ですが、不調があるのは事実なんです。

具体的な不調の症状は・・・

突然くる激しい動機、呼吸困難、発汗、ほてり、ふるえ、頻脈(脈がとても速くなる状態)、頭痛、ふらつき、めまい、息苦しさ、胸の不快感

これらの症状がでると「パニック発作」と呼ばれ10分くらい続き長くても1時間でおさまります。

また「パニック発作」を繰り返すと、いつ発作がくるのかわからない不安感や恐怖心がでてきます。その状態を「予期不安」と呼ばれます。「予期不安」は他人や大勢の人の前で「パニック発作」がでてしまったらとの不安や恐怖心により、たくさん人が集まる場所や過去にパニック発作がでた場所を避ける「広場恐怖」と呼ばれる状態になります。

一般的な病院での対処法

一般的な対処法としては、症状に対しての薬や抗うつ剤なども処方されるようです。一般的にはこのような対処法ですが、実際にはなかなかよくならない人が多いです。

当院の考えるパニック障害の原因は?

パニック障害は変化に対応できない体質と自律神経が関係しています。

そもそも自律神経とは何でしょう。

簡単に言うと、生活していくうえで必要なこと。

例えば

・呼吸をする
・心臓を動かす
・食べたものを消化する
・まっすぐ歩く

など、意識しなくても出来ています。これが自律神経のはたらきです。
主に内臓や神経系を支配していることになります。

しかし、一口に「パニック障害」といっても、どこの自律神経がどう失調しているのかを調べる手立てはないんです。
症状から推測したとしても、関連した臓器への薬はありますが(胃が悪かったら胃薬、頭痛であれば痛み止めなど)、その臓器を支配する自律神経への薬はありません。

ですが、東洋医学的な見方は、臓器単体を治療するのではなく、なぜ不調になったのかを原因やカラダの状態から診ることが出来ます。それは自律神経も含めたものです。

原因は様々ですが、なにが引き金となって症状が出たのかを判断してゆきます。

当院での対処法は?

パニック障害は根本の原因にアプローチすることで改善していきます

当院では、なかなかよくならないパニック障害の本当の原因をみつけ改善に導きます。
不調がなくなってもスグに再発する事ってありますよね。
パニック障害は部分的な不調を取っただけでは再発する可能性があります。

なぜならパニック障害の原因は部分的な不調だけにあるのではないからです。

東洋医学では、臓器や神経は単独で動いているわけではなく、それぞれに関与しながら生命維持をしているという考え方です。

そのため、たとえば激しい動悸というパニック発作でも、動機に関連する、あるいはもっと他の原因からなぜパニック障害になったのかを診ることが出来ます。

もちろん、患者さんの数だけ原因があるので、一概にこれが原因ですとは言い切れません。が、パニック発作の原因のひとつとして自律神経が乱れがあります。そして原因として多いのが「肝」と「脾」の機能低下です。

この二つの臓器は、現代の生活ではとても疲労を貯めやすく、不調になり易い臓器と言えます。

例えば「肝」は、目の使いすぎ、ストレス、過度なアルコールで弱くなります。

「脾」であれば、糖の過剰摂取、「肝」の不調による悪影響、ストレスなどがあげられます。

さらに、パニック障害の方に共通していることは変化に対応するのが苦手な体質ということです。

では、変化に対応するのが苦手な体質を五行を使ってご紹介します。

まず五行とは「すべてのものは木・火・土・金・水でできている」という東洋医学の考え方です。

「すべてのもの」ですから、人も含まれます。この木・火・土・金・水はいろいろなものに当てはめることができます。

 

そして下の図のように、人は脾臓を中心にこの5つの臓のバランスを保っています。

五行1改

季節や感情が変わると、中心の脾はそれぞれの臓に引っ張られるように少し移動します。

五行2

これが変化に対応しているカラダを意味しています。

少しだけその変化に順ずるような体質にして、中心からは離れず、様々な状況に対応できるポジションなんでしょうね。

脾が元気でいると、このような体質なんですが、一方で脾が元気でなくなると、それぞれの臓に過度に引っ張られてしまいます。

五行3

過度に引っ張られたために、変化に対応するカラダになるまでに時間がかかります。そして中心を離れてしまったために様々な変化に対応できなくなります。

つまり「変化に対応するのが苦手」=「脾が弱い」ということです。

パニック障害の方は、ぜひ一度当院までお越しください。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

頭痛や疲れが軽くなりました!

アンケート用紙

Q施術を受ける前はお悩みは?

何となく疲れている様な…
頭が重い様な

Q施術前と比べていかがでしたか?

体と気持ちが軽くなりました!
疲れ切ってしまう前に、体に耳を傾けて良かったです。
Q同じ悩みの方へメッセージ

疲れてきた気がする程度でお世話になると良いと思います。先生はピッピッとどんどん動き回って、ササッと良くしてくださいます。お気軽に

横浜 西区 B・P 中村 綾 30代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

全身の筋肉痛がなくなりました

アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは

全身いたる所の筋肉痛(今まで経験したことがない程)可動域の制限

Q施術前と比べていかがでしたか?

痛みが全く無くなりました。気力が戻りました。

Q同じ悩みの方へメッセージ

先生が「自分の治す力で治ったんですよ。」と言って下さいました。病院で薬を服用する前に自分自身の回復力を高める治療を受けて良かったと思っております

横浜 港北区 妙蓮寺 クリスさん 主婦 50代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

休日の不調から快調になりました

アンケート用紙

Q 施術を受ける前はどのようなことで悩んでいましたか?

休日限定、体調悪

Q 施術前と施術後を比べていかがでしたか?

ウソみたいに快調!!
Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

佐々木さんの言うこと聞いてみよう!!

 

大倉山 S・Aさん 30代 男性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

当院の鍼灸は、今つらい症状部分はもちろんカラダまるごと根本解決の施術です。

おなかの固さや脈を触り、カラダのどこが弱ってるか調べ、全身のツボを使い、鍼と灸を組み合わせた本格的な施術になります。施術は受けたいけど、くすぐったがり、刺激に過敏、マッサージが苦手な方にもおススメです。

一般的に鍼は注射のイメージがあり、刺す、怖い、痛いというイメージがありますが、刺さない鍼という不思議な鍼があり、正確にツボを刺激すると効果はあります。刺すよりも押す、こするというイメージです

 

また、鍼を刺せる方には、髪の毛程度の細さのものを使っていますので、あなたが思っている以上に痛くないものです。髪の毛が0.1ミリに対して当院のはりは0.12ミリの ものです。患部をむやみやたらと鍼をうっていると逆に痛みが出たり、だるくなることがあります。

カラダの痛みを感じている場所に触らなくても、手足などのツボを使い、症状をよくしていきます。お一人お一人の症状は違います。さらに同じ人でも昨日と今日のカラダの状態は違ってきます。その日、その時のカラダに対してベストなツボを選び、症状を改善していきます。ご来院をお待ちしております。
スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木昇

施術に対する情熱がすごく常に患者さんのために色々と研究されてます。

一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会 認定美容鍼灸師

北千住らっく鍼灸治療院 院長 榎本雅治

佐々木先生とは約15年の付き合いになりますが、とにかく施術に対する情熱がすごく常に患者さんのために色々と研究されてます。

また知識が豊富なので施術だけでなく、日常生活のアドバイスなどアフターケアも一人一人に合わせて教えてくれます。

見た目は爽やかですが、中身は情熱の塊です!

そして、何より人柄が素晴らしいです。気さくで話しやすく、誰からも頼られる存在です。私はそんな佐々木先生を自信を持って推薦いたします。

スタイル鍼灸整骨院で鍼灸を受けた方から手書きの「喜びの声」を78名、口コミサイト「エキテン」にて36名方から喜びの声をいただいています。

合計114名のみなさまから高い評価をいただいております。(2017年12月現在)

院長佐々木は臨床経験19年、栗原は12年になり、これまで3万人以上の患者さんと向き合い、『痛くない鍼』『熱くないお灸』『怖くない鍼灸』であなたの不調を根本改善します。

初回施術後に改善までの期間、通院目安、ストレッチや負担をかけないカラダの使い方などのケア方法を回復計画書としてお渡しします。

スタイル鍼灸整骨院では13年以上臨床経験がある全員国家資格取得者(柔道整復師・鍼灸師)ですので、安心して治療を受けていただけます。

刺激に敏感な妊婦さんから赤ちゃん、高齢者まで受けられるやさしい施術で対応します。

 

スタイル鍼灸整骨院では鍼灸による施術を得意としています。東洋医学だけではなく西洋医学と両方の視点からアプローチし総合的な判断で不調を改善させます。

当院の施術が雑誌で紹介されています

『パニック障害のため行きたいが所に行けない』
『早くパニック障害の症状を楽にしたい』
『パニック障害を気にせず生活したい』
と考えているあなたへ。

パニック障害があるおかげで思い通り動けない、育児や家事、仕事に悪影響が出ているとつらいですね。

回復する力があれば寝ればよくなります。

寝てもよくならないということはカラダのどこかに回復を邪魔する原因があるからです。

人により体格や体質、生活習慣、カラダの使い方が違うように原因も人それぞれ違います。

本当の原因は部分的な不調以外にある事がほとんどです。

本当の原因を改善することでパニック障害を根本的に改善していきます。

スタイル鍼灸整骨院ではあなたのパニック障害が改善し、「何気ないことができるうれしさ」のために全力でサポートします。

あなたのご来院を心よりおまちしております。

パニック障害に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加