モートン病

そもそもモートン病とは?

モートン病の原因は、神経が刺激されて神経種が形成されて、靭帯や骨に押しつけられ痛みが発生します。
神経種ができる原因として考えられるのは足に合っていない靴を履いている事が多いです。

特に20代~30代の女性がなりやすく例えば、足幅の狭い靴、高いヒールなどの靴になりまして、その他にも足に負担のかかる状態でのつま先立ち、硬い路面やアスファルトの上での運動などもそうで、元々の骨格の問題もありますが靴を見直すなどの対策も必要です。

 

モートン病の症状は?

モートン病とは足の第3-4足趾間の痺れ、灼熱痛、疼痛といった症状などか発生する神経症状となります。これは足の指同士を繋ぎとめている靭帯の間を通る神経が交差する神経腫と呼ばれる膨らんだ箇所で圧迫を受けて症状が起こります。

またモートン病はさまざまな症状がでやすく、他の足の部位に痛みが発生することもあれば下腿まで痛みが伴う場合もあります。

一般的な整形や整骨院での対処法

  • 神経を圧迫させないように安静にする
  • 炎症を抑える薬や神経を回復するためのブロック注射や内服薬
  • 足指の関節を曲げたり伸ばしたりする運動療法
  • 靴の中敷きにインソールを入れる
  • 高いヒールを履いたり、中腰などの無理な姿勢を避ける

モートン病を発見した場合の一般的な対処法ですが保存的療法がとられます。
まずは局所安静が大事で足に負担がかかっている状態なので神経を圧迫しないわうに安静にさせます。

それから炎症を抑える薬や神経を回復するためのブロック注射や内服薬を処方してもらいます。普段から履く靴が原因となっている場合は靴のインソールを作る事が重要であり、骨配列を矯正してアーチの高さを適度なものにしますので原因の排除となります。

そして、ある程度緩和してきましたら痛みが発生した箇所の足指の関節を曲げたり伸ばしたりする運動療法となります。これらの保存的療法で改善されない場合は手術する必要があり、原因となる神経種を摘出したり、足靭帯の切離などが行われます。

当院の考えるモートン病の原因は?

土踏まずが機能しなくなるのは

・偏平足
土踏まずの角度が大きくなり、足裏全体が地面についてしまう

・ハイアーチ
土踏まずの角度が小さくなり、踵や指の骨への圧力が大きくなる

・骨盤の前傾
足の指側に極端に体重が乗る

・骨盤の後傾
踵側に極端に体重が乗る

この4つに共通して言えるのは、どの原因でも足裏だけに原因があるわけではないということです。
「なぜ偏平足やハイアーチになるのか」「なぜ骨盤の傾きが起きるのか」というのを治していくと土踏まずの機能も回復していきます。

当院での対処法は?

モートン病は根本の原因にアプローチすることで改善していきます

当院では、なかなかよくならないモートン病本当の原因をみつけ改善に導きます。痛みが取れてもスグに再発する事ってありますよね。
モートン病は患部の痛みを取っただけでは再発する可能性があります。

なぜならモートン病の原因は足以外に原因があるからです。

中でも多いのが、

・炎症を引き起こす「扁桃腺の機能低下」

・筋肉や腱の弱体化を招く「肝機能の低下」

・骨盤の傾きを引き起こす「内臓下垂」

になります。この中のどれがモートン病のかくれた原因なのか判断し治療していきます。

モートン病でお悩み方は、ぜひ一度当院までお越しください。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

アキレス腱、ハムストリングスのトレーニングによる疲労と張りが抜けました。

お客様写真
アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは?

トレーニングによる疲労
アキレス腱、ハムストリングスの張り

Q施術前と施術後を比べていかがですか?
憑り物が落ちるように疲れや張りが抜けました。

Q同じ悩みの方へメッセージ

疲労の回復はもちろん、体質改善もできると思います。長く通い続けたい治療院です。

同じアキレス腱やスポーツのケガでお悩みの声
アキレス腱断裂でできなかった正座ができる
シンスプリントが良くなりました
腸脛靭帯炎が2~3回のハリで楽になった

もっと詳しく知りたい方はこちら→腸脛靭帯について シンスプリントについて

横浜 鶴見区 20代 草野誓也様 アスリート

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

逆流性食道炎に季節の変わり目の不調や足裏の痛み、前立腺と膀胱のトラブルの原因を治療してくれます

アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは?

逆流性食道炎 前立腺と膀胱のトラブル 季節の変わり目の不調 足裏の痛み

Q施術前とくらべるといかがですか?

ハリに対する不安がありましたが、痛くなく、気持ちよくなりました。こちらから痛みの状態を言わなくても自分が気づいていない原因を治療してくれます。

Q同じ悩みの方へ

話しやすく安心感がある先生です。ハリが怖いと思っている方にはおすすめです。

横浜市 港北区 大倉山 ストイコビッチ 30代 男性 会社員 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

アキレス腱断裂でできなかった正座ができる。背中も全然痛くなくなった

アンケート用紙

Q 施術を受ける前のお悩みは?

アキレス腱断裂で正座ができなかったキルトのやりすぎで背中がすぐに痛くなる

Q施術前と施術後を比べていかがですか?

正座が30分~40分できる。背中もキルトをしても全然痛くなくなりました。

Q 同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

まずはスタイル鍼灸整骨院に電話してください。先生はお二人ともやさしく親切です。

横浜 神奈川区 大口 60代 k・yさん 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

当院の鍼灸は、今つらい症状部分はもちろんカラダまるごと根本解決の施術です。

おなかの固さや脈を触り、カラダのどこが弱ってるか調べ、全身のツボを使い、鍼と灸を組み合わせた本格的な施術になります。施術は受けたいけど、くすぐったがり、刺激に過敏、マッサージが苦手な方にもおススメです。

一般的に鍼は注射のイメージがあり、刺す、怖い、痛いというイメージがありますが、刺さない鍼という不思議な鍼があり、正確にツボを刺激すると効果はあります。刺すよりも押す、こするというイメージです

 

また、鍼を刺せる方には、髪の毛程度の細さのものを使っていますので、あなたが思っている以上に痛くないものです。髪の毛が0.1ミリに対して当院のはりは0.12ミリの ものです。患部をむやみやたらと鍼をうっていると逆に痛みが出たり、だるくなることがあります。

カラダの痛みを感じている場所に触らなくても、手足などのツボを使い、症状をよくしていきます。お一人お一人の症状は違います。さらに同じ人でも昨日と今日のカラダの状態は違ってきます。その日、その時のカラダに対してベストなツボを選び、症状を改善していきます。ご来院をお待ちしております。
スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木昇

施術に対する情熱がすごく常に患者さんのために色々と研究されてます。

一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会 認定美容鍼灸師

北千住らっく鍼灸治療院 院長 榎本雅治

佐々木先生とは約15年の付き合いになりますが、とにかく施術に対する情熱がすごく常に患者さんのために色々と研究されてます。

また知識が豊富なので施術だけでなく、日常生活のアドバイスなどアフターケアも一人一人に合わせて教えてくれます。

見た目は爽やかですが、中身は情熱の塊です!

そして、何より人柄が素晴らしいです。気さくで話しやすく、誰からも頼られる存在です。私はそんな佐々木先生を自信を持って推薦いたします。

スタイル鍼灸整骨院で鍼灸を受けた方から手書きの「喜びの声」を78名、口コミサイト「エキテン」にて36名方から喜びの声をいただいています。

合計114名のみなさまから高い評価をいただいております。(2017年12月現在)

院長佐々木は臨床経験19年、栗原は12年になり、これまで3万人以上の患者さんと向き合い、『痛くない鍼』『熱くないお灸』『怖くない鍼灸』であなたの不調を根本改善します。

初回施術後に改善までの期間、通院目安、ストレッチや負担をかけないカラダの使い方などのケア方法を回復計画書としてお渡しします。

スタイル鍼灸整骨院では13年以上臨床経験がある全員国家資格取得者(柔道整復師・鍼灸師)ですので、安心して治療を受けていただけます。

刺激に敏感な妊婦さんから赤ちゃん、高齢者まで受けられるやさしい施術で対応します。

 

スタイル鍼灸整骨院では鍼灸による施術を得意としています。東洋医学だけではなく西洋医学と両方の視点からアプローチし総合的な判断で不調を改善させます。

当院の施術が雑誌で紹介されています

『足裏の痛みのため集中できない』
『早くモートン病の症状を楽にしたい』
『足裏を気にせず生活したい』
と考えているあなたへ。

モートン病があるおかげで思い通り動けない、育児や家事、仕事に悪影響が出ているとつらいですね。

回復する力があれば寝ればよくなります。

寝てもよくならないということはカラダのどこかに回復を邪魔する原因があるからです。

人により体格や体質、生活習慣、カラダの使い方が違うように原因も人それぞれ違います。

本当の原因は足以外にある事がほとんどです。

本当の原因を改善することでモートン病を根本的に改善していきます。

スタイル鍼灸整骨院ではあなたのモートン病が改善し、「何気ないことができるうれしさ」のために全力でサポートします。

あなたのご来院を心よりおまちしております。

モートン病に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加