ぎっくり背中

背中の痛みと言っても

・普段から凝っているように痛い
・朝起きて突然なった
・外傷性のもの

と、程度により様々です。そしてぎっくり背中はとても大きなくくりの総称のようなものですが、医学的な病名はないようです。

病院を受診するか、整骨院を受診するかの目安として、痛くなった原因が重要です。

例えば、前日の夜には痛みがなかったのに、朝起きたら動かせないほど痛くなった、などのように目立った外傷性のないものであれば、整骨院の受診も可能です。

一度整形外科などの受診をお勧めするのは、

  • スポーツをしていて激しくぶつかってから背中が動かなくなった
  • 階段などの高いところから落ちてしまい、痛みが強く、動かなくなった
  • これらの原因で動かせなくなった、痛みが強い以外に、手足がしびれたり、背中以外のカラダのどこかにしびれや異常がある場合

以下の症状がる場合は病院での受診をおすすめします。

内臓の病気を疑う背中の痛み症状

・がまんできないほど激しく痛む。
・重い感じがともなう。
→肝臓病や心臓病の疑いがある。

・背中の下部の左右一方だけ痛み、熱はないか微熱で、寒気がする。
→腎盂腎炎が疑われる。女性に圧倒的に多い。内科を受診。

・熱、悪寒、吐き気などをともなう。
・肩甲骨の下の片側がぬけるように痛む。
→右なら胆石や十二指腸潰瘍、左ならすい臓炎または胃潰瘍が疑われる。

・首、肩、腕の痛みやしびれをともなう。
→心臓病、などが疑われる。

そもそもぎっくり背中とは?

背中に痛みは大きく分けて2つあります。

1 筋肉の問題

まず筋肉の異常。簡単に言ってしまえば筋肉痛です。

・スポーツを行った時
・長時間同じ姿勢でデスクワークを続けた時姿勢が悪い人
・慢性的な肩こりや腰痛を抱えている人

など、普段背中の筋肉に負担をかけている人に起こります。最近はスマホやタブレットの使いすぎが一番多いですね。

2 骨やケガ

二つ目が骨の異常、とくに多く見られるのは骨がズレたり変形してしまうケース。

変形性脊椎症や椎間板ヘルニア、頚椎椎間板ヘルニアがよく見られる病気として挙げられますが、他にも脊椎カリエスや背部脊柱狭窄症なども考えられます。

さらに重症例だと脊椎や脊髄にガンが発生し、痛みが生じていることもあるので注意が必要です。

他に激突・衝突・転倒などによる骨折や打撲も挙げられます。

背骨だけでなく肋骨の骨折でも背部痛の原因となります。スキーやスノーボード、格闘技をしている方などはこの点注意が必要です。本人が忘れているような昔の傷が原因の事があります。

高齢者はとくに骨粗しょう症で骨がもろくなっている状況で転倒し、骨折することが多いので注意が必要です。骨折の場合は呼吸をするだけでも激しい痛みが伴うこともあります。

一般的な整形や整骨院の対処法

  • 痛み止めの服用
  • 湿布を貼る
  • 局所に注射を打つ
  • マッサージや電気治療をする
  • ストレッチや筋トレをする

一般的な対処法は、痛み止めや外用薬や局所に注射を行うこともあります。リハビリやマッサージ、電気治療する方法もとられます。一般的にはこのような対処法ですが、実際にはなかなかよくならない人が多いです。

当院の考える背中が痛くなる原因は?

ぎっくり背中は筋肉の緊張が生じて起こります。

ぎっくり背中を起こし易い方は、ほとんどの場合「普段から背中や股関節周り、首肩周りが凝っている」
という方です。

つまり、「あともうワンアクション加えたら、ぎっくり背中になりますよ」という状態です。

そのワンアクションの中で一番多いのが、就寝時の寝返りや起床時の動きということです。

しかも寝ている時や、起きるときは筋肉への血液循環が十分でないため、筋肉の動きはとても鈍い状態です。
それに加え、普段から背中が凝っているとなおさらですよね。。
その状態でいつものように動かすというのは実はとても背中にとって重労働になっています。

また、カラダの内面が背中の痛みの原因となっていることもあります。例えば、

  • 甘いもののとりすぎで筋肉がかたくなっている
  • 口呼吸でのどが腫れて、カラダが炎症を起こしやすくなっている
  • 痛みを感じやすくなる交感神経がとても緊張いている
  • 筋肉を回復させる肝臓を使い過ぎている

などのカラダの内面が原因となっていることがあります。カラダの内面の原因にアプローチをすることで、不調の根本的な治療を行います。

当院での対処法

動かせるようになることが第一歩

筋肉の緊張が強い状態だと、痛いところを直接治療してしまうとかえって筋肉の緊張を強め、逆効果になってしまうこともあります。
そのため、まずは背中を動かせるようになるように、腰から股関節のまわりの筋肉、首肩周りの筋肉を緩めて動かせるようにします。

少しずつ動かせるようになると、痛みも減ってきます。

筋肉の緊張だけが原因であれば、数回の治療で大分症状は軽減されますが、筋肉の緊張を引き起こす原因がカラダの内面にあるときは、筋肉よりも重点をおいて治療します。

右側の痛みは血行不良系、左側はストレス・糖分とりすぎ系

特に、決まって左右どちらかの背中が痛いという場合はカラダの内面の原因がほとんどです。

右側であれば、肝臓や胆嚢などの関連性があり、左側であれば、すい臓や心労などの関連性があります。

何がカラダの内面に影響しているのかを見つけながら治療すると、痛みも軽減していきます。

また、背中の筋肉を動かしやすくすることやカラダの内面を治療することで、
・疲れづらくなる
・眠りが深くなる
・カラダが上手く動かせるようになる
という効果も期待できます。

ぎっくり背中を改善したい方は、ぜひ一度当院までお越しください。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

背中が楽!ハリってすごいなあと思いました

お客様写真
アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは

立ち仕事をしているので、背中が痛くてつかれていました。

Q施術前と比べていかがですか?

初めてのハリ治療で緊張したけど痛くなくて、背中が楽になった。次の日疲れがとれハリってすごいなあと思いました。

Q同じ悩みの方へのメッセージ

ハリは怖いかもしれませんが、全然痛くないし、話しやすい先生です。お店の中もキレイでリラックスできました。

同じ背中の症状でお悩みの声
・背中の痛みと足の付け根の痛みが良くなりました
・肩と背中痛み目の疲れや首こりが楽になりました
・腰痛・首・背中・身体が柔らかく軽くなりました
もっと背中の痛みについて詳しく知りたい方はこちら→・背中の痛みについて ・背中を痛める習慣

東京 世田谷区 20代 接客業 佐々木幸子さん 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

背中の痛みと足の付け根の痛みが良くなりました

アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは?

深呼吸をすると背中が痛くなりました。
歩くと足のつけ根が痛くなりました。

Q施術前と比べていかがでしたか?

どちらも施術後痛みが減り、時間の経過と共に良くなりました。
Q同じ悩みの方へメッセージ

辛い時、スタイル鍼きゅう整骨院にかけ込むと痛みをやわらげてくれます。話も良く聴いてくださり安心できます。

横浜 港北区 菊名 Y.Sさん 女性 50代

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肩と背中の痛み 目の疲れや痛み 首のこりが楽になりました

アンケート用紙

Qどんな症状がお困りでしたか?

背中の痛み 目の疲れや痛み 首のこり など

Q体調が回復して良かったことは?

身体が楽になると気持ちが良い気持ちよく日常生活が送れます!!
よく眠れて、翌日の目覚めがすっきり!!

Q同じ悩みの方へメッセージ

まずは体験あるのみと思います。

横浜 港北区 大倉山 三上円さん 40代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

胸郭出口症候群による背中の痛みと腕のシビレが3回でよくなった

お客様写真
アンケート用紙

Q施術を受ける前のお悩みは

背中と肩甲骨の痛み・腕のシビレ病院で胸郭出口症候群と言われた

Q施術前と比べていかがですか?

一日中パソコンを使っているので背中と肩甲骨が痛くて仕事に集中できなくなった。腕までシビレてやばいと思った。病院で電気とマッサージで変わらなかったが鍼をしたら3回でよくなった

Q同じ悩みの方へメッセージ

マッサージしてもその場ではよくてもすぐに戻ってしまった。鍼は痛くないし、いろいろアドバイスもしてくれる。毎日痛いと悩むより早めに治療するほうがよいと思う。

同じ胸郭出口症候群や背中のお悩みの方
・背中も全然楽。
・肩と背中や目の疲れや痛み首のこりが楽になりました
・背中の痛みを感じることなく日常が過ごせる

もっと背中の痛みについて詳しく知りたい方は→・背中の痛みについて ・背中を痛める人には甘党が多い!?
・背中が痛くなる理由

横浜 大倉山 菊花充 30代 エンジニア

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

当院の鍼灸は、今つらい症状部分はもちろんカラダまるごと根本解決の施術です。

おなかの固さや脈を触り、カラダのどこが弱ってるか調べ、全身のツボを使う本格的な鍼灸です。鍼灸は受けたいけど、くすぐったがり、刺激に過敏、マッサージが苦手な方におススメ

鍼は、刺す、痛いというイメージがありますが、当院には刺さない鍼という不思議な鍼があります。正確にツボを刺激するで効果をだします。刺すよりも押す、こするというイメージです

患部をむやみやたらと鍼をうっていると逆に痛みが出たり、だるくなることがあります。患部を触らなくても、手足のツボを使い、症状を改善させます。

病名が同じでも症状が違います。昨日と今日でもカラダの状態は違ってきます。その日、その時のベストなツボを選び、症状を改善させます。ご来院をお待ちしております。スタイル鍼灸整骨院 院長佐々木昇

『ぎっくり背中のため仕事に集中できない』
『早くぎっくり背中の症状を楽にしたい』
『ぎっくり背中を気にせず生活したい』と考えているあなたへ。

ぎっくり背中があるおかげで思い通り動けない、育児や家事、仕事に悪影響が出ているとつらいですね。

回復する力があれば寝ればよくなります。

寝てもよくならないということはカラダのどこかに回復を邪魔する原因があるからです。

人により体格や体質、生活習慣、カラダの使い方が違うように原因も人それぞれ違います。

本当の原因は背中以外にある事がほとんどです。

本当の原因を改善することでぎっくり背中を根本的に改善していきます。

スタイル鍼灸整骨院ではあなたのゴルフ肘が改善し、「何気ないことができるうれしさ」のために全力でサポートします。

あなたのご来院を心よりおまちしております。