産後の腰痛

「妊娠中は腰の痛みはなかったのになぜだろう」「出産で骨盤がどうかしたかしら」と不安になりつらいですよね。

産後に腰や股関節に痛みが出ることは珍しいことではありません。

授乳中だから痛み止めも服用したくないし湿布や塗り薬をしても痛みが引かないということで来院される方はとても多いです。

そもそも産後の腰痛とは

出産後はカラダの腰や股関節、肘や手首、膝などあちこちの関節の痛みが起こりやすくなります。

産後の関節痛(かんせつつう)の原因は何?

・ホルモンバランスが変わる
・授乳によりカルシウムが不足する
・赤ちゃんの抱っこなど関節に負担がかかる
・夜中の授乳など睡眠不足で疲れ筋肉がかたくなりやすい
・妊娠中の体重増加による筋肉を使いすぎる
・おむつ交換で中腰が多く不自然な姿勢になる

など様々です。

関節の中でも腰や手首、膝は特に痛みます。腰痛の場合は出産によって骨盤がゆがむ事も原因のひとつに考えられます。

また妊娠中は、ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)という、炎症を抑える作用を持つホルモンが多量に分泌されます。
出産後はホルモンのバランスが変化した結果、関節の炎症が表面化して痛みが強く出てくることがあります。

しかし、この場合は生理が再開されるとホルモンバランスが安定して痛みがなくなります。

一般的な整形や整骨院の対処法

  • 痛み止めの服用
  • 湿布を貼る
  • 局所に注射を打つ
  • マッサージや電気治療をする
  • ストレッチや筋トレをする

一般的な対処法は、痛み止めや外用薬や局所に注射を行うこともあります。リハビリやマッサージ、電気治療する方法もとられます。一般的にはこのような対処法ですが、実際にはなかなかよくならない人が多いです。

当院の考える産後の腰痛の原因は?

  • 妊娠による体型変化
  • 内臓下垂
  • 口呼吸
  • 授乳や抱っこによる痛める姿勢

妊娠による体型変化

産後の腰痛の原因は妊娠による体型変化によるところが大きいんです。

妊娠中の一番の特徴は、お腹が大きくなることですよね。お腹が大きくなると、重心が普段よりもかなり前の方に移動することになります。

お腹が大きくなり、重心が前になると、骨盤が前に倒れやすくなります。

ある程度は前に傾きますが、腰の痛みを発症する方は、この傾きが顕著に大きくなっています。
このとき、おなかの赤ちゃんを支えるために、骨盤周りの筋肉は普段の何倍にも伸ばされてしまいます。

その中でも伸ばされながら赤ちゃんを支えて、カラダを起こそうとしているのが、お腹から股関節についている「腸腰筋」という筋肉です。

この「腸腰筋」という筋肉が伸びっぱなしになると、常に腰は圧迫され、筋肉がつらくなり背骨にも力が加わり、痛みが出るようになります。

腰周りの筋肉のみを施術しても、その場は痛みは軽減しますが、また痛みをぶり返してしまう可能性はとても高いです。

出産によりお腹は小さくなりますが妊娠中の筋肉への使い過ぎにより、立つ歩くの日常生活の動きのくせはなかなかもとに戻りません。

内臓下垂

内臓下垂になると、腹筋に力が入りづらくなるため、腰に負担をかけて痛みがでます

産後も腰の痛みが出ているという方も、内臓下垂による症状である可能性は高いです。

内臓下垂になっている方は横の腹筋(腹斜筋、腹横筋)、鼡径部(足の付け根)を押されると痛みや不快感、硬さがあります。

これが腰の痛みの元になっているんです。出産して内臓下垂がすぐに戻ることは難しいです。

なぜ内臓下垂になってしまうのか
・カラダが冷えている
・甘いものの摂りすぎ
・内臓に負担をかけている
・血液の渋滞(オ血)が多い

ということがあります。

口呼吸

腰の痛みをひどくさせてしまうのが口呼吸

口呼吸をすると、空気中のウイルスや細菌を吸ってしまい、それらが関節に住み着いてしまうと強い痛みを伴うようになります。

授乳や抱っこによる痛める姿勢

授乳や抱っこの時のカラダの使い方が悪いと関節を痛めます。同じ筋肉を使い過ぎため腰に痛みがでてきます。おむつの交換や授乳時に痛めることが多いです。

当院での対処法

① 腸腰筋へアプローチ

まずは腸腰筋が伸ばされ過ぎないように、骨盤を起こし、内臓を元気にして、元の位置に引き上げなくてはいけません。すると、腰を圧迫するような負担は軽減していきます

② 内臓下垂へアプローチ

内臓下垂になる原因

・カラダが冷えている・糖分のとりすぎ・消化器(胃や腸、肝臓など)に負担をかけている・血液の渋滞(オ血)が多いの中でどれが一番の原因になっているかを判断し、施術します。