足の指の捻挫

足首の捻挫は良く起こるケガですが、足の指も捻挫をしやすいところです。

捻挫の程度も様々で、
・痛みがあるけど、歩行はできる
・腫れ、痛みが強くて、歩行が困難
・腫れ、痛み、出血が多く歩行が出来ない
と、痛みの程度により、症状も大きく変わります。

捻挫してしまう原因

そもそも、「捻挫」とはどんな状態なのか。

「捻挫」とは、関節の動きを制限する靭帯の損傷と、関節の動きを作る筋肉や腱の損傷のことをいいます。
この靭帯が伸ばされたり、部分的に切れてしまったり、完全に切れてしまったりすることで、
・痛み
・腫れ
・発赤
という炎症症状が出てきます。

足首から足の指はもともとひねりやすい構造になっています。
捻挫は足の指が親指側にひねったときに特に起こりやすいです。

この内側にひねった動きを「内反」といい、内反して起きた捻挫を「内反捻挫」といいます。

そして、足はとても「内反」しやすい構造になっています。
足首を正面から見ると、内くるぶしと外くるぶしの高さが違うことがわかると思います。
外くるぶしが内くるぶしよりも下がっています。

もともと、足首の動きは縦・横の動きではなく、斜め上から斜め下というらせんを描くような動きをしています。

足の指もその動きに連動して内反や外反をします。

それにより、正座ができたり、ボールをどんな体制からでも蹴れたり、カラダのバランスが崩れても保てるように出来ています。

しかし、このような動きが強くかかると、関節の動く範囲を超えてしまい、その動きを耐えようとする靭帯が損傷し、捻挫になってしまうわけです。

しかも、足の指は足裏からの衝撃を分散するという役目ががあるため、常に負荷がかかり、治りにくいところでもあるわけです。

捻挫した時の対応は?

捻挫をした時は、
・動かさない
・捻ったところを冷やす(アイシング)
・足首を膝、股関節よりも高くする
・アイシングしながら圧迫する

これらは患部からの出血を最小限に抑えて、早く治るようにするためです。出血が多くなると、患部に血液が残り、ゼリー状になってしまう場合があります。

こうなるとなかなか治りづらくなってしまうので、最初の処置が重要なってきます。

一般的な整形や整骨院の対処法

  • 痛み止めの服用
  • 湿布を貼る
  • 局所に注射を打つ
  • マッサージや電気治療をする
  • ストレッチや筋トレをする

一般的な対処法としては、症状が軽い初期の段階には、痛み止めを服用したり外用薬を貼って対処します。また局所に注射を行うこともあります。運動器具を用いてリハビリテーションを行ったり、マッサージや電気治療する方法もとられます。

一般的にはこのような対処法ですが、実際にはなかなかよくならない人が多いです。

当院の捻挫の対処法

1~2日経つと急性期を過ぎるので、筋肉をほぐして足首の動きを作るようにします。

関節の動きが小さいと、出血の際に出た血液が回収されなくなるので、動かせる範囲を大きくして、
靭帯の代わりに関節の動きを制限するために、テーピングで患部を保護します。

筋肉の緊張や炎症だけが原因であれば、数回の治療で大分症状は軽減されますが、それらを引き起こす原因が他にあるときがあります。
例えば、

  • お腹の血液の流れが渋滞する
  • 口呼吸でのどが腫れて、カラダが炎症を起こしやすくなっている
  • 痛みを感じやすくなる交感神経がとても緊張いている
  • 筋肉を回復させる肝臓を使い過ぎている

などのカラダの内面が原因となっていることもあるので、治療の経過をみながら、判断し軽減するように努めています。

特に、のど(扁桃腺)の腫れや違和感などは、関節にウイルスや細菌を侵入させてしまうため、炎症がなかなか引かず、痛みが長引いてしまう原因になる時があります。

リハビリは重要!!

そして一番重要なのが、リハビリ。足の指の周りは、他の関節に比べて

  • 筋肉が細い
  • 体重がかかりやすい
  • 内反しやすい(捻挫をしやすくなっている)

ということから、再発しやすいところでもあります。
これが捻挫クセを起こす要因にもなります。

なので、リハビリをして筋肉を鍛えることで
・筋肉を太くする
・体重がかかっても耐えられる柔軟な筋肉にする
・内反しにくいようにする

これにより、再発しにくいような足首にします。
また、リハビリをして筋肉を動かしやすくすることやカラダの内面を治療することで、

  • 疲れづらくなる
  • むくみにくくなる
  • スポーツなどでコンタクトプレーに強くなる
  • カラダが上手く動かせるようになる

という効果も期待できます。

コーラス発表会前に捻挫をしてしまいましたが、間に合いました。

アンケート用紙

施術を受ける前はどのようなことで、悩んでいましたか?

5日後にコーラスの発表会を控えての捻挫でした。

本番、舞台上で普通に歩けるか?

施術前と施術後を比べていかがでしたか?

本番当日は痛みも腫れもなく、歩けました。

同じ悩みの方へメッセージがあればお願いします。

怪我直後は大したことは無いと思い無理しがちですが、なるべく早く手当をした方が良いと思います。

私の場合、通院直前のことでしたので、助かりました。

神奈川区 妙蓮寺 Y・Mさん 60代 女性

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

当院の鍼灸は、今つらい症状部分はもちろんカラダまるごと根本解決の施術です。

おなかの固さや脈を触り、カラダのどこが弱ってるか調べ、全身のツボを使い、鍼と灸を組み合わせた本格的な施術になります。施術は受けたいけど、くすぐったがり、刺激に過敏、マッサージが苦手な方にもおススメです。

一般的に鍼は注射のイメージがあり、刺す、怖い、痛いというイメージがありますが、刺さない鍼という不思議な鍼があり、正確にツボを刺激すると効果はあります。刺すよりも押す、こするというイメージです

 

また、鍼を刺せる方には、髪の毛程度の細さのものを使っていますので、あなたが思っている以上に痛くないものです。髪の毛が0.1ミリに対して当院のはりは0.12ミリの ものです。患部をむやみやたらと鍼をうっていると逆に痛みが出たり、だるくなることがあります。

カラダの痛みを感じている場所に触らなくても、手足などのツボを使い、症状をよくしていきます。お一人お一人の症状は違います。さらに同じ人でも昨日と今日のカラダの状態は違ってきます。その日、その時のカラダに対してベストなツボを選び、症状を改善していきます。ご来院をお待ちしております。
スタイル鍼灸整骨院
院長佐々木昇

施術に対する情熱がすごく常に患者さんのために色々と研究されてます。

一般財団法人日本美容鍼灸マッサージ協会 認定美容鍼灸師

北千住らっく鍼灸治療院 院長 榎本雅治

佐々木先生とは約15年の付き合いになりますが、とにかく施術に対する情熱がすごく常に患者さんのために色々と研究されてます。

また知識が豊富なので施術だけでなく、日常生活のアドバイスなどアフターケアも一人一人に合わせて教えてくれます。

見た目は爽やかですが、中身は情熱の塊です!

そして、何より人柄が素晴らしいです。気さくで話しやすく、誰からも頼られる存在です。私はそんな佐々木先生を自信を持って推薦いたします。

スタイル鍼灸整骨院で鍼灸を受けた方から手書きの「喜びの声」を78名、口コミサイト「エキテン」にて36名方から喜びの声をいただいています。

合計114名のみなさまから高い評価をいただいております。(2017年12月現在)

院長佐々木は臨床経験19年、栗原は12年になり、これまで3万人以上の患者さんと向き合い、『痛くない鍼』『熱くないお灸』『怖くない鍼灸』であなたの不調を根本改善します。

初回施術後に改善までの期間、通院目安、ストレッチや負担をかけないカラダの使い方などのケア方法を回復計画書としてお渡しします。

スタイル鍼灸整骨院では13年以上臨床経験がある全員国家資格取得者(柔道整復師・鍼灸師)ですので、安心して治療を受けていただけます。

刺激に敏感な妊婦さんから赤ちゃん、高齢者まで受けられるやさしい施術で対応します。

 

スタイル鍼灸整骨院では鍼灸による施術を得意としています。東洋医学だけではなく西洋医学と両方の視点からアプローチし総合的な判断で不調を改善させます。

当院の施術が雑誌で紹介されています

『足の指の捻挫のためスポーツできない』
『早く足の指の捻挫の症状を楽に復帰したい』
『足をひきずない生活をしたい』
と考えているあなたへ。

私は部活でサッカーをしていたときひどい足関節捻挫を最後の大会前にしました。その時のつらい経験から早く足関節捻挫を改善できるように勉強してきました。

足の指の捻挫があるおかげで思い通り動けない、部活や家事、仕事に悪影響が出ているとつらいですね。回復する力があれば寝ればよくなります。

寝てもよくならないということはカラダのどこかに回復を邪魔する原因があるからです。

人により体格や体質、生活習慣、カラダの使い方が違うように原因も人それぞれ違います。

本当の原因は足の指の以外にある事がほとんどです。

本当の原因を改善することで足関節捻挫を根本的に改善していきます。

スタイル鍼灸整骨院ではあなたの足関節捻挫が改善し、「何気ないことができるうれしさ」のために全力でサポートします。

あなたのご来院を心よりおまちしております。

足の指の捻挫に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加