顔のぴくぴくけいれん

顔のけいれんには、主に2つの症状があります。
th_2015821mn-25
一つ目は、
まぶたや、まぶたの周りの筋肉が
ピクピクする眼瞼(がんけん)けいれん

二つ目は、

始めは目の周りの一部の筋肉がけいれんし、
しだいに頬、額、口、顎と広がっていく
顔面けいれん
があります。

きっかけはどちらも、目の疲れ、ストレス、冷え
などがあります。

原因はまだはっきりと解明されてはいませんが、
今のところ、動脈硬化などで かたくなった血管が、
顔面神経を圧迫することによって起きると考えられています。

西洋医学では、手術で圧迫を取り除くこともあります。

 

 

東洋医学的な見方は少し違う

東洋医学では、顔のどこに症状がでているかで、
どの臓器が弱っているかがわかります。
例えば、

目は肝臓と深い関係があります。
さらに肝臓は疲労の根源と言われています。

そして、
肝臓と表裏の関係、兄弟みたいな関係にある胆の経絡。

胆の経絡は目尻から始まり、顔面神経と係わりのある側頭部をケアしています。

そこで、

鍼治療で肝臓を調節し、流れをよくする。
さらに胆の経絡にある側頭部のツボを刺激するとお顔のピクピクにとても効果が高いのです!

 

ちなみに、余談ではありますが、顔面神経痛という病名はありません。
th_2015821mn-181
顔の痛みなどの感覚を支配するのは
三叉(さんさ)神経という神経なので、
お顔に起こる神経痛は三叉神経痛という
病名になります。

顔面神経は顔の筋肉を運動させる神経なので、
顔面神経麻痺という病名になります。

このような方は治療や専門機関の受診をお勧めします。

  • 症状が長引いている。
  • 本やネットにある解消法をしてみてもなかなか良くならない。
  • 自分が現在どんなカラダの状態かわからない。

という方は、実際にカラダをチェックしてもらったり、治療を受ける方が早く症状は落ち着きます。

最近ではテレビやネットの情報で、「自分の症状はこれかも!」と気づくことが出来るようになりましたが、必ずしも当てはまるということはなかなかありません。

お一人で悩んでいるよりも、専門の知識・技術を持っている方に診てもらうことをお勧めします。

横浜市では当院の治療も受けることが出来ます。

お近くにお住まいであったり、職場に近い、たまに行く機会がある、ということがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

スタイル鍼灸整骨院 院長 佐々木

顔面神経麻痺について詳しくはこちら

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加