突発性難聴の自律神経の乱れチェック

突発性難聴の症状が強くでるタイミングがあります。たとえば、緊張感のあることをしたり、ストレスのある仕事をしたり、人前にでたりなど、ある活動的や緊張感、不安感のある状況になると症状がでやすくなります。そのような症状がでやすい状況になると聞こえにくい、聞こえないという症状がでることは、なんとなくわかると思います。

しかし、家にいるの聞こえない、聞きにくいという症状がでる方も中にはいらっしゃいます。その原因とし多いのは、自律神経の乱れ。

あなたの自律神経の乱れチェック!!

自律神経の乱れることの原因として、季節の変わり目や低気圧、雨などが大きく関係しています。前日と気温差が7度以上あると自律神経が乱れるとも言われています。

今のあなたの状態を簡単にチェックしてみましょう。
次に挙げる項目で該当するものがいくつあるか数えてみてください。

 

  1. フワフワしたり、クルクル回ったり、沈み込む感じのめまいがよくある
  2. 耳鳴りや耳が詰まった感じがある
  3. 立ちくらみをよく起こす
  4. 胸が締め付けられる感じがする
  5. 胸がザワザワする感じがあり、落ち着かない
  6. 心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある
  7. 息苦しくなるときがある
  8. 夏でも手足か冷えるときがある
  9. 胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
  10. よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す
  11. 肩や腰が重い
  12. 食欲がなく、食べられるものが限定されている
  13. 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく
  14. 朝、起きる時に疲労を感じる
  15. 気候の変化に弱い
  16. やけにまぶしく感じる時がある
  17. 食べ物を飲み込みつらい時かある、ノドに違和感がある
  18. 風邪でもないのに咳がよく出る
  19. 眠りが浅く寝た気がしない
  20. 寝ても寝ても寝たりない
  21. お酒を飲みたいと思わなくなった

→0-1個 自律神経に乱れはなさそうな安心レベル。
→2-3個 自律神経が少し乱れはじめているかもしれないちょっと心配レベル。

→4-6個 自律神経の乱れが強くでている心配な来院オススメレベル。
→7-10個 できるだけ休養を取り、できるだけ早く施術を受けるレベル。
→12個~ かなり症状があらわれているいますぐ施術レベル。すぐに施術しましょう。

ぜひぜひ参考にしてくださいねー。

このような方は治療や専門機関の受診をお勧めします。

  • 症状が長引いている。
  • 本やネットにある解消法をしてみてもなかなか良くならない。
  • 自分が現在どんなカラダの状態かわからない。

という方は、実際にカラダをチェックしてもらったり、治療を受ける方が早く症状は落ち着きます。

最近ではテレビやネットの情報で、「自分の症状はこれかも!」と気づくことが出来るようになりましたが、必ずしも当てはまるということはなかなかありません。

お一人で悩んでいるよりも、専門の知識・技術を持っている方に診てもらうことをお勧めします。

横浜市では当院の治療も受けることが出来ます。

お近くにお住まいであったり、職場に近い、たまに行く機会がある、ということがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

スタイル鍼灸整骨院 院長 佐々木

突発性難聴について詳しくはこちら

突発性難聴

この記事に関する関連記事