突発性難聴になる原因は?

東洋医学的な見方をすると、突発性難聴を起こす方に共通点である原因があります。

それは頭が熱く、足が冷たいということ。

この状態を東洋医学で「心腎不交」のといいます。「心腎不交」の原因はお腹から足が冷えることにより、始まります。

頭が熱いから足が冷える、ではなくて足が冷えているから頭が熱くなる、

と考えがあります。
本来カラダは重力があるために血液は下がろうとします。この状態を「頭寒足熱」と表す言葉があります。

これは血液が下がったために起こるカラダのあるべき状態と言えます。
しかし、お腹から足が冷えていると

  • お腹の血液が渋滞する
  • 足へと血液が回らなくなる
  • 上半身に血液がたまりやすくほてりやすくなる

という順に頭寒足熱とは逆の状態になってしまいます。

そうなると、リンパ液が充満してしまうので

・耳管の中のリンパの流れが悪い
・耳石の感度が鈍くなっている
・耳石が何らかの理由で取れてしまった

ということが多くなり、突発性難聴や耳鳴りやめまいを起こしやすくなると考えています。

 

当院では、原因がわからないめまいの本当の原因をみつけ改善に導きます。

薬を飲んでも、体操しても何日かすると戻ってしまうなかなかよくならないめまいがありますよね。

なぜなら突発性難聴の原因は耳だけではないからです。

当院は耳だけの問題よりも、カラダ全体のつながりにアプローチします。

このページの作者について

著者:佐々木昇

略歴:横浜市大倉山の鍼灸整骨院「スタイル鍼灸整骨院」院長

大倉山に開業4年目 施術歴19年 のべ30000人の臨床実績

無痛鍼灸に特化したカラダまるごと根本解決の施術で多くの方をサポートしている現役の治療家。

突発性難聴について詳しくはこちら

突発性難聴

この記事に関する関連記事