胃の不調の原因は?

  • ストレス
  • カラダが冷えている
  • 糖分のとりすぎ
  • 内臓下垂

この中で、自律神経のはたらきを鈍らせ、さらに胃自体へのダメージが多いのが「糖分のとりすぎ」。ここに「ストレス」「カラダの冷え」が加わると、胃だけでなくそのほかの内臓にも悪影響を及ぼします。

その結果、内臓全体のはたらきが鈍くなってしまい、ひどくなると内臓下垂を起こします。
つまり「胃下垂」ということです。内臓は正常な位置でないと、はたらきは鈍くなってしまいます。

当院での胃腸の不調への対処法

糖分のとりすぎ

カラダに糖分の蓄積があれば、代謝できるよう整え、胃の働きを改善させていきます。

ストレス

ストレスによってダメージを負ったカラダを回復し自律神経を安定することだ胃の動きをよくしていきます。

内臓下垂

内臓下垂になっていると横の腹筋(腹斜筋、腹横筋)、鼡径部(足の付け根)を押されると痛みや不快感、硬さがあります。ここをゆるめることでお腹の血流をよくし、腹圧をあげて内臓を安定した位置にもどします。

横浜市では当院の治療も受けることが出来ます。

スタイル鍼灸整骨院 スタッフ 栗原

お近くにお住まいであったり、職場に近い、たまに行く機会があるということがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

スタイル鍼灸整骨院 スタッフ 栗原

胃の不調について詳しくはこちら

胃の不調

この記事に関する関連記事