腰椎ヘルニアと言われた

整形外科で

「この腰痛の原因は椎間板ヘルニアですね」

と言われました。

よく患者さんから聞く言葉です。

私は整形外科で勤務していたころに、
ドクターが毎日この言葉をレントゲンをみるたびにお話ししていました。

確かにレントゲンを見るとにポコッと何か出てるから、これのことかな?

その後どうなるかというと
「年齢的なものでしょう」
とか
「お仕事をしていたら仕方ないですね」
とか。

治療と言えば、

「ブロック注射しますか?けん引しますか?電気かけますか」

その次には

「痛みが収まらないようでしたら手術を考えておいてください」

という流れ話。

この流れ話や流れ作業を疑問に思い整形外科を辞めました・・。

椎間板ヘルニアは手術しないと治らないということに
すごく疑問がありました。

腰痛の人がレントゲンを撮って椎間板ヘルニアがあったら、
手術しないといけない。

腰痛イコール 「ヘルニア」もしくは「ヘルニアになりかけている」

すべての整形外科の先生がそのような判断をするわけではありません。
たまたま勤務していた整形外科の先生がそのような見立てを
得意としていただけかもしれません。誤解のないように。

 

 

そもそもヘルニアとは

ヘルニアとは腰椎の間の椎間板が神経を圧迫することで、

この圧迫が原因で腰に痛みやしびれが出ると言われています。

ただ、本当に手術が必要な椎間板ヘルニアもあります。

排尿障害がある場合やしびれやマヒがひどい場合は手術が
必要なケースが多いです。

ヘルニアが原因で手術の必要があるの腰痛もありますが

皆さんが思っているより少ないのです。

ある新聞にこんな記事があります。

痛みを訴えて受診する人のうち、

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など原因が特定できる腰痛は

実は約15%。

ぎっくり腰を含め、病態不明の『非特異的腰痛』のほうが多い」

腰痛全体の約85%は、レントゲンなどの画像検査では腰に明らかな異常が見られない「非特異的腰痛(腰痛症)」である。

簡単言えば全国的な調べで

85%の腰痛は原因分からないとなっています。

(参考日本整形外科学会と日本腰痛学会が新たにまとめた治療・診断の指針「腰痛診療ガイドライン」)

現代の痛みに対する医療は構造異常(骨格異常)に基づいています。

ヘルニアが原因の腰痛よりも

カラダの使い方が原因で筋肉に負担をかけているための腰痛が多いと思います。

使いすぎの筋肉に血行不良や疲労による老廃物の蓄積が起こることで、
筋肉が硬くなり痛み・しびれを引き起こす

ということを知らない方多いですね。

特に腰やお尻の筋肉には腰の痛み・足のしびれを引き起こす筋肉がたくさんあります。
特に腰の腸腰筋、腰方形筋
お尻の中殿筋、小殿筋

という筋肉は
腰や足の痛み・しびれの原因筋として有名です。

本当の原因である筋肉に対する適切な施術を受けると
腰痛も楽になります。

このような方は治療や専門機関の受診をお勧めします。

  • 症状が長引いている。
  • 本やネットにある解消法をしてみてもなかなか良くならない。
  • 自分が現在どんなカラダの状態かわからない。

という方は、実際にカラダをチェックしてもらったり、治療を受ける方が早く症状は落ち着きます。

最近ではテレビやネットの情報で、「自分の症状はこれかも!」と気づくことが出来るようになりましたが、必ずしも当てはまるということはなかなかありません。

お一人で悩んでいるよりも、専門の知識・技術を持っている方に診てもらうことをお勧めします。

横浜市では当院の治療も受けることが出来ます。

お近くにお住まいであったり、職場に近い、たまに行く機会がある、ということがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

スタイル鍼灸整骨院 院長 佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加