腰痛になるか靴の裏をみるとわかる

腰痛になるか靴の裏をみるとわかります。

見るべきポイントは、

靴の裏の外側

腰痛やぎっくり腰、ももの外側やおしり周りを痛める方の多くが
靴の外側が減っています。

靴の外側ばかり減る
ということは外側加重になっています。

外側加重は足や膝、ももなど外側の筋肉に非常に負担がかかってます。

外側荷重で歩いてしまうと足の外側の筋肉が緊張し、
骨盤を引っ張って、腰の筋肉も引っ張り、
腰に痛みを感じます。

だから、腰をいくらほぐしても
外側加重を治さないとすぐにぶり返します。

痛みを感じている場所と痛みを発生させている場所は違います。

靴の外側が減っていると歩き方だけが悪いイメージがありますが、

立ち方、座り方、寝方も外側に体重をかけるクセがあります。

外側荷重の歩行や立ち方、座り方、寝方により
足の外側の筋肉が硬くなり、
骨盤を引っ張ると、上半身や内臓まで悪影響でることもあるんです。

 

外側加重を内側加重へ

内側加重ってどうすればいいのか?

簡単です。

足の親指に体重を乗せ、足の指で地面を噛むように意識するだけです。

外側加重の方は、足の指が開かないなど、指の動きが悪いです。

だから

足の指で地面を噛む

といっても指で噛む動きが苦手です。
その場合には、足の親指に体重を乗せることだけ意識しましょう。

さらに、姿勢をよくすることもポイント!

良い姿勢のチェックポイントは、耳、肩、骨盤、くるぶしが一直線。
最近はスマホやパソコンを
頭が下がり、背中を丸める悪い姿勢
をよく見ます。

この頭が下がり、背中を丸める悪い姿勢でも腰痛になりやすくなります。

良い姿勢は、頭の後ろから斜め上に引っ張られる感じで顎を引き、下腹に軽く力を入れ骨盤を正しい位置に保つことが肝心です。
良い姿勢を心がければ、腰痛だけではなく肩こりや頭痛の改善にもなります。

最初から、一日中この姿勢を続けるのは、辛いと思います。

自分が楽に感じる姿勢はカラダには悪い姿勢のことが多いです。

気がついたときに、この姿勢を思い出し、少しやってみてください。
だんだんと、カラダがバランス良い姿勢を覚えて
楽にできるようになると思います。

 

このような方は治療や専門機関の受診をお勧めします。

  • 症状が長引いている。
  • 本やネットにある解消法をしてみてもなかなか良くならない。
  • 自分が現在どんなカラダの状態かわからない。

という方は、実際にカラダをチェックしてもらったり、治療を受ける方が早く症状は落ち着きます。

最近ではテレビやネットの情報で、「自分の症状はこれかも!」と気づくことが出来るようになりましたが、必ずしも当てはまるということはなかなかありません。

お一人で悩んでいるよりも、専門の知識・技術を持っている方に診てもらうことをお勧めします。

横浜市では当院の治療も受けることが出来ます。

お近くにお住まいであったり、職場に近い、たまに行く機会がある、ということがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

スタイル鍼灸整骨院 院長 佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加