むち打ちの治療のやり方

交通事故のむち打ち症「早期の施術」が一番大切です。早い目の施術が回復を早くさせます。

「痛いところを触ったら痛くなるのでは?!」

なんて思うかもしれませんが、痛いところを手当てせずに施術することもできます。事故直後の施術ではほとんど首を触りません。触られるだけ緊張しているので痛みがでやすくなります。

e6055fbabedea7a75cc7a3c152a1c74e_s
痛いところをガンガン施術してアザを作って当院へ転院された方もいます。当院では、ソフトに負担のない施術を心がけています。

だから、もし交通事故にあってむち打ちで悩まれていたらすぐに施術を受けることをお勧めします。

様子をみてから。痛みが治まってから。では治りは遅くなります。ほっとくと、どんどん悪い状態になっていき治りにくくなります。

 

また保険会社の方から「整骨院はちょっと・・・」と言われても問題ありません。

整骨院は国家資格を持った者が開業しているので問題なく自賠責保険を使って施術を受けることができます。

横浜市では当院の治療も受けることが出来ます。

お近くにお住まいであったり、職場に近い、たまに行く機会がある、ということがありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

スタイル鍼灸整骨院 院長 佐々木

このページの作者について

著者:佐々木昇

略歴:横浜市大倉山の鍼灸整骨院「スタイル鍼灸整骨院」院長

大倉山に開業4年目 施術歴19年 のべ30000人の臨床実績

無痛鍼灸に特化したカラダまるごと根本解決の施術で多くの方をサポートしている現役の治療家。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加